バックアップを忘れていたのなら業者に頼もう

業者なら取り戻せる

パソコン修理

フォルダから消したものを取り戻す方法

企画書や提案書などをパソコンで作るときは、いつでも簡単に取り出せるように、分かりやすいフォルダに保存しているはずです。しかし、保存していたのを確認したのに、ある日気がつくとなくなっているということもあります。もしかすると、それは自分で削除してしまったかもしれないので、本当に保存をしたのかどうか記憶をたどってしっかりと確認しましょう。もしも、考えたうえ、フォルダから消去してしまったことが決定的になったのなら、普通の方法では取りだすことはできません。特殊な方法が必要となるので、それを行ってくれる復旧業者に連絡を取ってみましょう。復旧業者というものは、壊れたパソコンからでもデータを救い出してくれる優れたサービスです。そのため、間違って消してしまったデータならば、簡単に取り戻してくれる確率が高いので依頼をおすすめします。場合によってはパソコンの遠隔操作でも取り戻してくれる場合もあるので、考えているよりも早く企画書や提案書などのデータを使えるようにしてくれるかもしれません。ちなみに、いつの間にかなくなっていたときは、フォルダからデータを消したのか保存していなかったのか、判断がつかないケースもあるでしょう。そのような状態ならば、復旧できるデータを事前に教えてくれる業者の利用を考えましょう。復旧できるものをリストにして渡してくれるので、そこに必要なデータの名前があれば、業者に仕事を依頼するのが無駄にならずに済みます。